Director紹介

中村 智惠子さん
(1期生、大阪府)

ー職業:スピリチュアルコーディネーター、フリーランスナース、原色ドライフラワー講師
ー趣味:旅行、ドライブ、ゴルフ、テニス、スキー、スキューバダイビング、剣道、ヨガ、ハンドメイドなど
中村 智惠子

自己紹介

極平凡な家庭の長女として生まれ、のびのびと育ちました。 とても厳しい父親と中学 2 年生の時に死別。その後、母子家庭となり、母親が調理師として 働く姿を見て、女性も自立した生き方が必要だ!と、意識するようになりました。 国家資格の職業を模索した結果、看護師として働くようになりました。阪神淡路大震災時に は救急看護に携わり、改めて人の生死・人生を考えるようになりました。救急看護は副業と し、訪問医療、高齢者、地域看護の仕事にシフトしました。 あっという間に看護師人生 30 年以上が経ち、独身、子供なし、今後一人で生きていかなき ゃ!と、考えるようになりました。毎日の生活や仕事にもストレスがたまり、自分自身を変 えたい!変わりたい!これからは自分らしく生きていきたい!と、ずっと思っていました。

SC 入学のきっかけ

往復 3 時間以上の通勤、ストレスのかかるポジションでの仕事、睡眠をとるだけの為に自 宅へ帰っていました。心も身体も悲鳴をあげていましたが、自分自身を癒すために定期的に エステ・マッサージ・パーソナルトレーニングに通いバランスを保っていました。私を癒し てくれる人が会う度に素敵に変身していく様を間近で感じていました。それが SC 協会であ り、桜井先生、初代中島理事長であることがわかり、私もそこに入れば変われるかも!と、 思い即入学しました! (※私の癒しの師匠=0 期生ディレクター鈴木利華さん)

SC 受講後

入学時の私はスピリチュアルには全く興味はありません。しかし、桜井先生の講義はそんな 私にもわかりやすく、学べました。スピを学ぶことでブロックを外し、潜在意識を書き換え、 仕事の仕方も変える事で時間ができ、自分らしく自由に生きる為の第一歩を歩み始める事 ができました。

今後

ディレクターとして SC 協会に携わる今、今までの仕事とは内容が違い、学ぶことが多いで す。そして、50 歳を超して新しいことを始めるにはとても大変だと感じています。でも、 勇気と健康と高め合う仲間が居ればやっていける!と、実感しました。あとは臨機応変に何 かしらプラスα!楽しみながら、学びながら・・・不思議といつの間にか毎日が楽しく感じ られています。私はこのように感じ、行動できるまで 2 年かかりました。 これからは、SC で学んだことを伝え、幸せな人を一人でも多く増やしていきます!