Director紹介

工藤 奈々絵さん
(6期生、東京都)

ー職業:ボディセラピスト(身体メンテナンス施術者)
ー資格・得意な分野:リフレクソロジスト、ボディセラピスト、健康管理士、リラクゼーション業界スクール講師
ー趣味、嗜好:ファッションコーディネート(帽子)、読書、映画、チョコレート、お酒

まるで“宝石箱”!(^^)!歓び、仲間、お金…願いは必ず叶うSC

工藤 奈々絵

自分を出せず暗く耐えもがいていた日々

両親の躾は厳しく、周囲の大人からも「妹の方が容姿も頭も優秀」と比べられたり怒られる事が多かった環境があった為か、「常に人と比較し何も出来ない自分」にダメ出しをし、何をしても自信が無く泣いてばかり。大人に怒られないようビクビクと人に合わせ、笑わない暗い幼少時代でした。 学生時代は家族を失ってしまうという辛い事件あり「長女の貴女がしっかりし家族を守りなさい」と励まされ忍耐強くなっていました。 「何で人は生きているのだろう?」と哲学的な事やスピリチュアルな事に自然に興味が湧き、20代の時には精神世界の探求と自分の人生は切っても切れない関係になっていました。常に<幸せに>なりたかった事、親やパートナーの言う事を聞いていれば幸せになれる…といった依存の価値観は30代まで続きました。 「このままではいけない」と気付けた後は自分なりに努力しましたが二度も離婚を経験し、仕事も行き詰っていました。「何で、こんなに毎日、一生懸命に生きてるのに幸せになれないのだろう…」と訳が わからなく混乱しているときにSCに出逢いました。

甘えた依存症の先に待っていたのは、厳しい現実と心の苦しみ

出版会社勤務時代の独学で、それなりの知識はあり「潜在意識が現実をつくっている」ことも頭ではわかっていました。しかし、“本を読む”というインプットばかりで、“実際に行動する”というアウトプットは少なく、すぐに占いや〈観える〉という人を頼って不安や心配を解消し満足し、楽な道を選んでいました。自分の人生を他人に預けてしまっていた甘えたスピリチュアル依存症でした。 「女は学も稼ぐこともいらない、外で働く夫を支えるのが一番の幸せ」という父の価値観を何の疑問も持たずに受け入れ、「稼ぐのは男性。女性は支えるだけ」と自立を考えた事もありませんでした。夫が稼ぐのは当たり前と思っていたので感謝も無く、彼の稼ぐ力が小さくなった時は全く受け入れられませんでした。 空気のようにあって当然だったお金…夫の経済の歯車が狂い始めた時、初めて、お金について「無くなったらどうしよう?でも、そんなことある訳ないよね?」と、見て見ぬふりと同時に、お金の存在について凄く意識し始めました。 当たり前のように使えていたお金が「無くなるかもしれない…」と急に不安や心配に焦点を当て意識しだしたので、急激に支出が多くなり貯金も底を尽きました。 ボディセラピストの仕事に対しても「好きだけど、身体の事だけでは物足りない…一生、打ち込めるような、興味の深い心・精神世界の分野で何かしたい!」という願いと同時に「経済的にも精神的にも何とか自立しなければ」と切羽詰まって焦っていました。

やっと光が!後ろ向きな依存ではなく、前向きな自立した行動が出来るように!!

「自立のためにも何とか稼がなければ!でも、稼ぐなんて…忙しくなって大変そう!」という焦りと不安と心配と面倒くささと甘えと…思考も心もざわつくばかり。ブロックがかかっていて、なかなか自立のための行動は出来ませんでした。 とにかく桜井先生の動画を毎日見て、事務局からのメルマガも毎日、欠かさず無心に読みました。それだけで、焦りや不安な気持ちが落ち着き「絶対に大丈夫」という大きな安心感に包まれました。 父や前夫の〈生活のため家族のために仕方なく大変な仕事をしていた〉と言う価値観が潜在的に入っていて「稼ぐことは大変で難しい!」というガチガチな意識でした。が、桜井先生が明るく楽しそうに「とにかくrelax♪稼ぐことはとっても簡単♪」と話していたのは目からウロコでした。 難しい本を読むわけでもなく、楽しい動画を観たり、簡単なワークを実践するだけなのに、潜在意識が書き換えられていく感覚があったのは本当に面白かったです。 学んでワクワクした後は『欲しいな~』と思ったモノが直ぐに頂けたり、ワンデイセミナーに出席した翌日には、直ぐに仕事が増えたりと、現実が良い方向へ変った事は本当に驚き、早く周りの人にもSCをやっていきたい!と思いました。 自立のために必要!と思えるものを有料で学んでは途中で止まり、学びが長続きしませんでした。入学直前にはSCの倍以上する高額な起業塾へ通っていました。が、そこの学びもついていけず挫折を繰り返し、かなり落ち込んでいました。 桜井先生が提唱する、夢を叶え理想通りの人生にするためには、魂、意識、思考、心、感情、身体の6分野の関係性をバランス良く整えていく事が必要という事と、「新しい職業(スピリチュアルコーディネーター)」のことがストンと真っすぐハートに響いたので、コレだ!という想いのみに従って受講を決めたことです。貯金が底をついていたのに工面し実行したのはチャレンジでした。 また、雑談ではなくスピリチュアルコーディネートの手法で、カウンセリングのように人の悩みを聴けたことも大きなチャレンジとなりました。

1人より仲間と一緒で♪魂の器が深く大きくなれる歓びに満ちた優しい時間

1dayセミナー時、ワーク後の、仲間とのグループシェアタイムが始めは苦手でした。精神的にも経済的にも追い詰められているのに、挫折を繰り返すばかりで何も成し遂げる力がない自分に情けなく恥ずかしいとダメ出しし責め続け苦しかったのに、人の目を気にし、プライドの高さが邪魔をして、自己開示が、なかなか出来ませんでした。 自分の弱さを認められず見て見ぬふりになっていましたが、受け入れる事が出来たのは、人の心の傷みがわかる優しい仲間も同じように悩んでいて共感出来たり、支えてくれたからでした。 今は、深く仲間や自分の事が知れ、優しくなれるシェアタイムは、とっても楽しく好きな時間になりました。 自分を信頼することができるようになり、「コツコツ継続」の習慣が身に着き、1人では頑なになってしまう心と思考が、仲間とシェアすることで柔らかくなりました。 一緒に学んで励まし高め合う仲間がいてくれたから変われた事でした。

怪しげフワフワではなく…地に足着いた“見える化”スピリチュアル

「自分を癒してあげられない」 「忍耐強く我慢してしまう」 「昨日より成長した自分でなく他人と比べてしまう」 「~ねばならない!で苦しくなる」 私と同じように“つい…”の思考・マインド癖があって、自分を責めたり苦しんでいることはありませんか? 今現在どんなに過酷な状況でも、このHPを見ているということは必ず今の状況から抜け出して変わっていけるという証拠だと思います。 スピリチュアルコーディネーター協会は「スピリチュアルを現実生活に活かし、望み通りの人生に変えていく事が出来る」という確かな技術をお届けしています。 潜在意識と丁寧に向き合い、細かく少しづつケアし続けると、必ず書き換わります!楽しみながら、魂を磨いて、お金でも、人間関係でも、健康でも、どんな分野のことでも!一緒に夢を実現していきましょう!(^^)!

年を重ねるのが益々楽しみな自分に!経験値と個性弾けた幸せな人々で溢れる日本を目指す

今後は、スピリチュアルコーディネートの技術を使って、経済的にも精神的にも自由に思い通りになりたい自分だけの人生を創造し、年齢や環境を言い訳にせず、どんなに底辺だと思える状況でも、歩みを止めなければ何歳からでも変わっていける!という情熱を持って、新しい事にどんどんチャレンジしながら、年を重ねる度にイキイキ・キラキラ若返り同世代の人たちに希望の種を渡していきたいと思っています。 ニックネームであるナナ“sun”の太陽のように、いつも自ら発光して明るく周りを照らし、日々、楽しく魂を磨き続け進化していきます。 芸術、教養、美容、健康、スピ力など、自分の好きな分野を培って素敵シニアになり、同世代を超え若い人たちにも勇気と夢を与えていこう♪と思い描いています。100歳まで目標にし、一日でも長く現役で社会貢献できる人でありたいです。 スピリチュアルコーディネーター協会という大きな愛のチーム力で、企業や他業種の組織において、1人でも多くの人にスピリチュアルコーディネートの技術を伝えていきたいです。「日本は老人が経済的にも精神的にも豊かでイキイキと楽しそうだ」と“真似したい先進国高齢化の見本”として海外からも注目されるような貢献を目指しています。